PICマイコンとは?
PICマイコンの概要
PICマイコンは超小型のマイコン、マイクロコントローラで、USAのマイクロチップテクノロジー社製です。 Peripheral Interface Controllerの略称でピックと呼びます。 マイコンと言えば端子はバスでしたが、この小さなマイコンの周りは全てI/Oポートになっています。 小型の特徴を生かし、小型の電子機器への組込・応用や、PLDの置き換え、マスタCPUの補助処理や手足となる周辺回路などに利用できる便利なマイコンです。
PICマイコンの特長
PICにはCPU、メモリ(RAM、ROM)、I/Oなどが1チップに収められているワンチップマイコンといわれるマイコンで、ROMに書き込まれたプログラムで機能します。 簡単な回路ですぐにデバイスを動作させることができます。 RISCライク構造で少ない命令数で機能します。プログラムエリアROMとデータエリアRAMが分離されたハーバードアーキテクチャになっているのが特徴です。 搭載されている周辺機能はタイマ、A/Dコンバータ、PWM、コンペア、キャプチャ、非同期シリアル通信、SPI同期通信、I2C通信、などがあります。 特殊な周辺機能としては USB通信、CAN通信、イーサネットLAN、ブラシレスモータ、スイッチング電源などがあります。
PICマイコンの種類
PICマイコンは命令の幅、データの幅でファミリが分かれます。
PIC10 6pinパッケージの超小型PICマイコン12bitコアがメイン。米粒サイズ。
PIC12 8pinパッケージのシリーズ、12bitと14bitのコアがある。
PIC16 14bitコアの最も人気の高いシリーズ14〜40pinのサイズでローコスト。4桁バージョンのPIC16はエンハンスドコアに機能追加され、C言語がやや使いやすくなっている。-->>詳しくはPIC16へ
PIC18 PIC16を改良し、C言語での利用をメインとするデバイス。アセンブラでのアプローチなどでは最も使いやすいPICでもある。PIC16からの移行もスムーズ。ピン配列がPIC16と同じでそのまま差し替えができることも大変便利。USB・CAN・イーサネットなどの特徴的なデバイスもある。
-->>詳しくはPIC18へ
PIC18_J PIC18をローコスト化したシリーズ3.3V動作-->>詳しくはPIC18へ
PIC18_K PIC18_Jを+5Vも扱えるように改善したシリーズ。-->>詳しくはPIC18へ
PIC24F 16bit処理のPICシリーズの基本的なデバイス。ローコストでパワフルな機能を持つ。dsPIC30からDSP機能を削除したデバイスである。USBホスト機能などは注目の機能です。           -->>詳しくは16bit PICへ
PIC24H PIC24Fを40MIPSに高速化したデバイスで最高のパフォーマンスを持っている。dsPIC33からDSP機能を削除したデバイスである。
dsPIC30 はじめて開発された16bit処理のデバイス。DSP信号処理機能とマイコン機能を融合させた新しい方向性を持つデバイス。その他アーキテクチャには多くの新しい方向性もあり、新たなPICマイコンとしてのスタートを持ったデバイス。
dsPIC33 dsPIC30を低消費電力化、ローコスト化したデバイスで、PICマイコンの最高峰といえる。DMA機能が追加され、さらにパフォーマンスが向上した。
PIC32 過去のPICアーキテクチャを離脱し、MIPSコアをメインに採用した32bit処理の高速マイコン。しかし、ペリフェラルは16bitシリーズと同様のスタイルを持ち、従来のPICマイコンと違和感なく利用できる。16bitシリーズとピンコンパチブルになっている。
PICマイコンの機能比較表
PIC16
PIC12
PIC10F
PIC18 PIC24 PIC24H dsPIC30 dsPIC33 PIC32
処理速度 20MHz(32)
5MIPS(8)
40MHz
10MIPS
320MHz
16MIPS
80MHz
40MIPS
120MHz
30MIPS
80MHz
40MIPS
80MHz(32)
1.56DMIPS
データ幅 8bit 8bit 16bit 16bit 16bit 16bit 32bit
命令幅 12bit・14bit 16bit 24bit 24bit 24bit 24bit
RAM byte 512 4K 64K 64K 64K 64K 4G
ROM word 8K 2M 4M 4M 4M 4M 4G
ワークレジスタ 1個 1個 16個 16個 16個 16個 32個
割込優先 なし 2 8 8 8 8 7(4)
スタック 8 31 任意 任意 任意 任意 任意
言語 アセンブラ
HITECH-C
C18 C30
C24
C30
C24
C30
C24
C30
C24
C32
マイクロチップ・テクノロジー・ジャパン
マイクロチップ・テクノロジー・ジャパン(株)
PageTop
もどる